• ー ダイキン工業×サムライインキュベート ー

    2回AirTech BootCamp

    当プログラムは、プレシード~シードスタートアップ対象のプログラムです

    「健康的な空気」「快適な空気」「生産的な空気」を作ることを目指し、

    空気中や空間で起こる課題を解決するべく、空気空間に価値提供を行う『AirTech』を軸に今回は、オフィス空間における生産性改善をテーマにスタートアップや研究機関のみなさまと世界的空調メーカーのダイキン工業とともに空気空間の課題解決に向けたアイデアの磨き上げを行います

     

    また、希望される参加者の方には、

    プログラムを経て2,000~3,000万円程度の投資実行も検討します

  • プログラムの特徴

    世界的空調メーカーであるダイキン工業がメンターとして参加

    世界的空調メーカーのダイキン工業で協創イノベーションや技術開発を担うテクノロジー・イノベーションセンターのメンバーがメンターとして参加。

    サムライインキュベートだけでなく事業会社もメンターとして加わることで、事業の解像度をさらに高めていきます。

    独自の事業創造フレームワークを元にアイデアの創造から伴走

    累計約160社への国内外のシード投資の経験をもとに、事業創造のプロセスを体系的に整理したサムライインキュベート独自のフレームワークを利用します。

    それによって、事業創造を最短で進めることが可能です。

    2,000~3,000万円のシード投資を検討

    審査の後、サムライインキュベートより2000~3000万円の投資を行います。(希望企業のみです。審査に通過した場合、必ず出資を受けなければならないわけではありません)

    その後も、サムライインキュベートが事業化に向けた支援を行い、ダイキン工業とともに垂直立ち上げを目指します。

    数千万円のフォロー投資までを一貫して支援

    シード出資後の結果を元にフォロー投資検討を行います(バリュエーション並びに投資額は応相談)。

    また、その後も資金調達の支援やシリーズAまでのフォロー投資の支援を行います

  • 募集テーマ

    オフィス空間における生産性向上に寄与するヘルスケアソリューション

    オフィスでの生産性を向上させるために、働く人個人の健康状態を改善したり、疲労状態を改善することを目指します。

     

    EX:

    (1)社員ごとの疲労度を分析し、状態にあった食品等提供を行う

    (2)社員ごとの姿勢や仕事内容を把握した上で、適切なタイミングで運動やストレッチを促す

    (3)社員のその日の健康状態から、その日にやるべき仕事や相性のいい仕事をレコメンドする

    など

    生産性に寄与または相関するデータのセンシング・分析

    生産性改善を行うことを目的として、生産性の低下を招くデータや生産性の向上に寄与するデータを特定し、センシングを行うことで、そのデータを元に新たなソリューションを組み合わせ生産性を向上させるためのベースとなるデータセンシングと分析を行うことを目指します。

     

    EX:

    (1)生産性と相関があるデータを洗い出すためのデータ分析

    (2)生産性向上に寄与するバイタルデータのセンシング

    (3)生産性低下要因となる空間データのセンシング

    など

    オフィスの空間ごとの目的達成度合いを把握するためのセンシング・分析

    会議室やコミュニケーションスペースなど様々な空間が存在するオフィスにおいて、各スペースで期待された活用のされ方がされているのかをセンシング・分析することを目指します。

     

    EX:

    (1)会議室利用時の空間における会話量のセンシングと会話内容の分析による会議生産性の定量化

    (2)コミュニケーションスペースにおけるコミュニケーション量のセンシング

    など

  • プログラムの流れ

    2日間の短期集中事業立案BootCamp

    1

    1日目

    ■午前 : レクチャー

    ダイキン工業より今回BootCampのテーマ説明ならびに、同社の考える事業機会の説明を行なったのち、ダイキン工業の保有するアセットのご説明を致します。

     

    その後、サムライインキュベートよりイノベーションの原理原則やアイデアの発想法に関するレクチャーを行います。

     

    ■午後 : ワーク&中間発表

    午前のレクチャーを元に、アイデアの落とし込みを実施します。

    また、ダイキン工業とサムライインキュベートが落とし込みを行なっていただいたアイデアをベースにみなさまと議論をさせていただき、アイデアの解像度を上げていきます。

     

    後半は、1日目の結果を中間発表としてプレゼンを行なっていただき、ダイキン工業ならびにサムライインキュベートが改善点の提案を行います。

     

    最後は、ご参加いただいたみなさま、ダイキン工業、サムライインキュベートでプチ懇親会を行わせていただき、解散となります。

    2

    2日目

    ■午前 : レクチャー&落とし込み

    サムライインキュベートよりピッチ用資料の作り方のレクチャーを行います。

     

    その後、1日目の続きで、前日の改善点を元にアイデアの落とし込みを行い、再度アイデアに関する議論をみなさまとともに行い改善点の洗い出しを行います。

     

    ■午後 : 落とし込み&最終プレゼン

    午後もアイデアの落とし込みを行いながら、最終プレゼン用のピッチ資料の作成を行います。

     

    その資料を元に、最終プレゼンを行なっていただきます。

    審査は、ダイキン工業とサムライインキュベートで行い審査結果の発表(ファンド出資検討*企業の採択)を行います。

     

    最後は、ご参加いただいたみなさま、ダイキン工業、サムライインキュベートで懇親会を行わせていただき、解散となります。

     

    *出資は希望企業のみですので、採択された場合必ず出資を受けなければならないわけではありません。

  • スケジュール

    プログラム開始までのスケジュール

    応募期間

    2019/12/12(木)~1/14(火)23:59

    審査期間

    2020/1/15(水)~29(水)

    事前イベント

    2020/1/10(金) 19:30~21:00

    スタートアップ企業向けに、大企業とオープンイノベーションで取り組むデータ活用といったテーマでイベントを開催します。

    第2回AirTech BootCampについても簡単に紹介させていただきます。

  • BootCamp

    BootCamp 1日目

    2020/2/5(水)

    @Point0 marunouchi

    ダイキン工業とサムライインキュベートよりレクチャーを行い、アイデアの落とし込みを行います。

    BootCamp 2日目

    2020/2/6(木)

    @Point0 marunouchi

    ピッチ資料の作り方のレクチャーを行なったのち、1日目のアイデア落とし込みの続きと最終ピッチを行います。

  • BootCampメンター

    三谷 太郎

    ダイキン工業株式会社

    テクノロジー・イノベーション

    センター 副センター長

    2011年京都大学農学部卒、ダイキン工業入社。入社後、経理財務部門にて管理会計業務に従事、2012年に買収した米国住宅用空調大手「Goodman社」のPMI等に携わる。2015年に社外留職で投資銀行業務を経験。帰任後M&Aを担当した後に、2017年に技術開発とオープンイノベーションのグローバル拠点である「テクノロジー・イノベーションセンター」副センター長に就任(現職)。M&Aや出資を軸としたベンチャーやVCとの連携等、コーポレートベンチャリング活動の推進を担当している。

    井上 雅之

    ダイキン工業株式会社

    テクノロジー・イノベーション

    センター/協創促進チーム

    立命館大学卒後、中堅家電メーカーにおいてデバイス系部品の購買、新商品の立ち上げ等を担当。

    ダイキン工業へ入社し、空調製品の主に電子・電気デバイス購買等に従事。

    2016年よりテクノロジー・イノベーションセンターにて、ハッカソン等の企画運営、大学やベンチャーとの共同研究にも従事。

    直近では外部協創による新しいサービスを創出する目的で、空気空間データを活用した協創型プラットフォームプロジェクトの立ち上げを主導。

    安井 俊介

    ダイキン工業株式会社

    テクノロジー・イノベーション

    センター/戦略室

    2016年京都大学経営管理大学院卒業、ダイキン工業入社。入社後は産学連携や他社との連携に従事。

    大阪大学との包括連携の立ち上げを経験後、京都大学や東京大学との連携の企画や運営に携わる。

    現在はテクノロジー・イノベーション戦略室にて、スタートアップや大学、VCなどと連携して、新規プロジェクトの企画を行う。

    長野 英章

    株式会社サムライインキュベート

    共同経営パートナー

    Chief Strategy Officer

    グルーポン・ジャパンやWimduの日本チーム立ち上げに従事後、ダイマーズラボを創業。のちに2015年オプトとの合弁会社オプトインキュベートを設立し、代表取締役COO就任。2017年サムライインキュベートへ参画。事業創造フレームワークを開発し、大企業のオープンイノベーション支援、新規事業の立ち上げ伴走支援等に従事する。

    坪田 拓也

    株式会社サムライインキュベート

    Manager

    Investment Group

    1989年大阪府出身、京都大学卒業。オプトにてWebマーケティングや新規商材企画を経験後、グループ会社で複数のtoCサービスの企画〜運営における事業責任者等を経験。2017年にサムライインキュベート入社。大企業の新規事業立ち上げ支援に従事し、現在では投資先の事業支援・スタートアップへの新規投資を担う。

    平田 拓己

    株式会社サムライインキュベート

    Team Leader

    Investment Group

    高校時代から株式投資をスタートし、大学在学中に200社以上の上場企業決算をまとめるサイトを立ち上げ運営する。VCに興味を持ち、2017年サムライインキュベートにインターンでジョインし、リサーチや起業家面談、大企業の新規事業開発コンサルを経験。甲南大学経営学部を卒業後、入社。6号Fundのファンドレイズや新規投資をメインに従事する。

  • 募集要項

    応募資格

    ・プレシード〜シード(創業直後〜)ステージのスタートアップであること

    ・既にテーマ領域におけるアイデアや技術(技術シーズ含む)、事業を持っていること

    ・プログラムの全日程に参加できる方

    ※開催場所は、東京都内を予定しております。

    応募・選考フロー

    ・下記専用フォームより必要事項をご記入の上エントリーお願い致します

    ・書類にて選考致します

    ・合否は応募フォームにご記入のメールにて連絡させていただきます

  • 応募フォーム

  • ご質問等

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    サムライインキュベート担当者よりご連絡いたします。